ヒンディー語でजुगाड़ jugaad ジュガール ってどんな意味?

जुगाड़ jugaad ジュガール は、インドの文化と深く結びついた単語です。具体例と共に、जुगाड़ ジュガール の意味を確認しましょう。

जुगाड़ jugaad ジュガール の意味

辞書では「工夫」、「手立て」と記載されています。しかし、一語で日本語に訳すのは大変難しく、ニュアンスが損なわれてしまいます。説明的に訳すと、「問題解決ためのその場しのぎの発明、工夫」というような意味です。恒久的な解決ではなく、あくまで一時的、「その場しのぎの」解決だという点がポイントです。今あるもので時間をかけずに解決しようとするところに、国民性が表れているような気がします。また、ありあわせのもので何とかする「発想力」や「独創性」に焦点を当てて使われることもあります。

जुगाड़ jugaad ジュガール の例

जुगाड़ ジュガールの意味を正しく理解するには、例を見てみるのが早いです。生活を便利にするために日常的なアイテムを工夫して使っています。

जुगाड़ ジュガールをテーマにしたTedスピーチもありました。限られたリソースを最大限に活用するジュガール精神から学ぼうという内容です。

Jugaad is a Hindi word that means an improvised fix, a clever solution born in adversity. Jugaad solutions are not sophisticated or perfect, but they create more value at lower cost. For me, the entrepreneurs who will create Jugaad solutions are like alchemists. They can magically transform adversity into opportunity, and turn something of less value into something of high value. In other words, they mastered the art of doing more with less, which is the essence of frugal innovation.

(日本語訳)Jugaadとはヒンディー語で、即興の修正、逆境から生まれた巧みな解決策という意味です。Jugaadは、洗練されているわけでも、完璧なものでもありません。しかし、より低いコストでより多くの価値を生み出すことができます。Jugaadを生み出す起業家は、錬金術師のような存在です。魔法のように逆境をチャンスに変え、価値のないものを価値のあるものに変えることができる。つまり、「より少ないコストでより多くのことを行う」技術、これこそがフルーガル(質素な)・イノベーションの本質なのです。

Navi Radjou: Creative problem-solving in the face of extreme limits

जुगाड़ jugaad ジュガール の発音

ジュガールの発音は日本人にとってそれほど難しいものではありません。カタカナで「ジュガール」と言っても問題なく通じるはずです。よりヒンディー語の発音に近づけるには下記のポイントに注意すると良いです。

जु ジュ 息を吐く音が入らないように気を付けながら(無気音)、口をとがらせて「ジュ」と発音してください。

गा ガー 息を吐く音が入らないように気を付けながら(無気音)、日本語よりも口を縦に大きく開けて「ガー」と発音してください。

ड़ ル そり舌のラの音です。舌を丸めて硬口蓋(上あごの硬い部分)を弾くように「ル」と発音してください。RともLとも違う音で、むしろ日本語のラ行に似ています。日本語のラ行から舌を少しだけ喉側に丸めて、やや強く弾いた音です。

これらのポイントを踏まえ、もう一度Youtubeでネイティブの発音を聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。